刀剣の見どころと販売価格

刀剣の見どころと販売価格

刀剣の見どころと販売価格 刀剣の見どころはまず第一に全体的な姿の美しさ、そして最も気にする方の多い刃紋、鍛え方と鉄によって浮かぶ地肌、錆び具合や銘を楽しむ茎などがあります。
その他にも細かく見れば刃紋の粒子が細かい「匂い」や肉眼で確認出来るくらい粗目の「沸」などがありますし、刃紋の代表とも言える丁子乱れや互の目乱れに見られる「足」などがありそれぞれその刀剣の流派や時代、作者の特徴を良く表すものとなっています。
例えば丁子乱れに華やかな足が入るというのが備前物で古刀から新々刀まで多く見られる特徴であるといった具合です。
逆に華やかさがあまり無い直刃などでもそれが刀自体を優雅な姿に見せるという事もありますし、反りの深い浅いや腰反り、中反り、先反りなどでも雰囲気が大きく違い、それぞれの特徴となります。
こうして大きく全体を見た時や手に取ってちゃんと見た時でそれぞれ見どころがありますしそれぞれ特徴があるものです。
そして、刀剣の販売価格は基本的には作者ごとに大まかに決まっていますが、こうした見どころの多い、または出来の良い作品は販売価格も高くなる傾向がありますし、無銘の作者不明の刀であったとしても多少値段が高くなることがあります。

どんな刀剣が販売されているのか?

どんな刀剣が販売されているのか? 一口に刀剣と言っても短刀・脇差・刀・太刀など長さや形状は様々あります。
ではどんな物が販売されているのかと言えば、そこに分類されているほぼ全ての物がその対象となります。
多少扱いが変わってくるのが大量生産された軍刀です。
刃長15㎝以上の刀剣を所持する為には「美術品である」と認められた登録証が必要になりますが、軍刀は製造方法や材料が異なる為日本刀独特の刃紋などがありませんので美術品とは認められない場合が多いのです。
所持出来ない物はもちろん販売も出来ませんので「拵えなどに一定の価値がある」といった場合で無ければあまり登録証も発行される事な無く、したがって市場にはあまり流れません。
その他のきちんと刃紋や地肌が出ているものであれば古くは鎌倉時代や平安時代、新しいものでは平成、近年作られたものや新作刀なども販売されています。
その種類も短刀・脇差・刀・太刀などは言うに及ばす、大太刀や薙刀、薙刀直しの刀や珍しいところでは鎧通しなども市場で見る事が出来ます。
ですのでどんな刀剣が販売されているのかという事をまとめれば、美術品としての価値が認められたものであれば全てが市場に出て取引される可能性があるという事になります。

おすすめ刀剣関連リンク

日本刀をお手ごろな価格で販売しているサイト

刀剣 販売